自社ローンでは担保が不要なのか

自社ローンでは担保が不要なのか

自社ローンでは担保が不要なのか 自社ローンでは、基本的には担保が不要です。担保には土地や不動産に抵当権を設定するものと、連帯保証人を付けるもの(人的担保)があります。
自社ローンは販売店が独自に提供している分割払いのシステムなので、担保は不要になっていることも多いです。
しかし、販売店によって大きく契約内容が異なることもあるため、あらかじめ契約内容はしっかりと確認しておきましょう。
自動車に抵当権を設定していなくても、ローンを滞納すると自動車を引き上げるということが契約内容に含まれていることもあります。また、本人の収入によっては連帯保証人を付けることを要求される場合もあります。
自社ローンに申し込む人というのは、金融事故を起こした人など、問題のある人であるケースが多いので、支払い能力があるかどうかはしっかりと審査されます。
そして、支払い能力に不安があると見なされると連帯保証人を要求されることもあります。
また、金利はゼロとなっていても自動車の価格に上乗せされていることもあるので、しっかりと相場は確認しておきましょう。

過去に遅延があっても通りやすい自社ローン

自動車を購入する際、ローンを組みたいと思っても、通常の審査に通らない場合があります。
そんな方にお勧めなのが、自社ローンです。
自社ローンとは、自動車の販売店から直接に分割払いで自動車を購入するという方法で、主に中古車を購入する際に利用することができます。
もちろん、自社ローンを扱っている販売店で新車を扱っていれば、新車を購入することも可能となることでしょう。当然ながら、こうした場合にも審査があります。
しかし、この際の審査は、通常の審査と比べてかなり甘いというのが特徴となっています。
そのため、過去に遅延や自己破産、または任意整理といったローン情報がある場合でも、比較的審査に通りやすく、希望の自動車を購入することが可能になるというメリットがあります。
それで、遅延などを含む過去のローン情報があるために、審査に通るかどうか不安であるという方は、自社ローンを組んで購入することを積極的に考えてみることができるでしょう。